日台企業提携で国際レーザー市場進出へ/台湾

日台企業提携で国際レーザー市場進出へ/台湾
       
(台北 29日 中央社)サイバーレーザー(本社・東京都江東区)と台湾の東台グループ傘下の東台精機(高雄市路竹区)、東捷科技(台南市新市区)は28日、共同で新会社を設立すると発表した。経済部と台日基金の協力で実現したもので、日台企業の提携による国際レーザー市場への進出を狙う。

新会社の賽博爾雷射(サイバーレーザー)科技公司は台南科学園区内に設立されることになっており、東台、東捷が持つレーザー製造面での強みと、サイバーレーザー社の微小範囲への強いレーザー光の照射が可能な「フェムト秒レーザー」技術を合わせ、超高速レーザー機器の生産で世界市場への参入を図る。

東台精機・東捷科技董事長の厳瑞雄氏(=写真右2)は、フェムト秒レーザー技術は液晶ディスプレイパネルの修復やモールド用の型の表面処理、ガラスやサファイア基板など硬い素材の加工に応用可能で、ナノテクノロジーなどの加工ニーズに対応できるとして、その将来性に期待を示した。

(黄巧ブン/編集:谷口一康)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年5月29日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。