台湾博物館で鉱物標本特別展開催 日本人発見の“北投石”も展示

台湾博物館で鉱物標本特別展開催  日本人発見の“北投石”も展示
写真提供:文化部
       
(台北 30日 中央社)台北市の国立台湾博物館では今月から4カ月間、同博物館収蔵の鉱物標本の特別展示を行う。展示にはかつて日本人研究者が採集した「北投石」(=写真)をはじめとする貴重な鉱物20点が含まれる。

「北投石」は日本統治時代の台湾で岡本要八郎が1905(明治38)年、北投の温泉、瀧乃湯で入浴した帰りに渓流の河床で偶然発見した新種の鉱物。放射性元素のラジウムを含むもので、1912年にこの温泉地にちなんで命名された。

岡本要八郎(1876-1960年)は愛知県尾西市出身の地質学者。子供の頃から鉱物に興味を持ち、初めて台湾の鉱物を採集したことで知られる。1899年に渡台、1909~24年に台湾総督府鉱物課に技手として勤務、国立台湾博物館の前身、総督府博物館の草創期に鉱物採集任務を兼任し、鉱物陳列室を設置。この頃採集した鉱物が現在の収蔵品の基礎を成している。

岡本は1908年、川上瀧彌と共に台湾博物学会を創立し、日本帰国後は1939(昭和14)年より九州帝国大学に奉職。北投石、石黄、石英、雄黄、バラ輝石、トパーズ、ジルコンなど様々な鉱物を研究、台湾の鉱物に関する90編余りの論文・文章を「地質学雑誌」「台湾鉱業会報」「台湾博物学会会報」などの出版物に発表、鉱物学研究に多大な貢献をした。

岡本が収集した数千点もの鉱物は日本では後年、つくば市にある地質調査所の地質標本館に移されている。また、2005年10月には台湾で「發現北投石100週年」が開催され、息子の岡本正豊氏が出席。教育部は岡本要八郎に「文化教育奨」を追贈した。

国立台湾博物館(台北市襄陽路2号、2・28和平公園内)の開館は午前9時30分~午後5時(月曜休館)で入館料は大人20元、学生・子供10元(1台湾元=約3.39円)。特別展「『投』頭是道-臺博館館藏岩礦標本選粹展」は5月20日から9月21日まで。

(編集:谷口一康)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年5月30日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。