台湾「鉄道の日」記念で阿里山森林鉄道、SL列車運行へ

台湾「鉄道の日」記念で阿里山森林鉄道、SL列車運行へ
写真提供:阿里山森林鉄路管理処
       
(嘉義 7日 中央社)台湾鉄路管理局・阿里山森林鉄路管理処では6月9日の鉄路節(鉄道の日)を記念して、当日、嘉義-北門間および阿里山の沼平支線でヒノキ製の客車を牽引した蒸気機関車の列車を運行する。

阿里山森林鉄道は日本統治時代の1912(大正元)年に平地の嘉義から海抜2000メートルの二万平まで約67キロメートルが完成し、木材の運搬を始めてから百年余りの歳月が経った。台湾中南部・嘉義の阿里山は、宜蘭の太平山、台中の八仙山と並んで当時、「台湾三大営林場」の1つとされ、その貴重な木材を伐採・運搬するため阿里山に鉄道が敷設された。

鉄道の日を祝うため、阿里山森林鉄道の嘉義-北門間では、9日午前9時30分~午後3時30分、蒸気機関車がヒノキ製の客車4両を牽引して5往復する。片道大人15台湾元(約50円)。

また、阿里山森林遊楽区(遊歩道エリア)を走る沼平支線でも、通常の区間車(普通列車)用の車両の代わりに、同じく客車4両を牽いたSLが4往復する。大人料金で片道50元(約170円)、往復80元(約270円)。

(江俊亮/編集:谷口一康)

当時の記事を読む

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年6月7日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。