波多野結衣、台湾映画に初出演 いよいよ撮影開始へ

波多野結衣、台湾映画に初出演  いよいよ撮影開始へ
(左から)李康生、波多野結衣、タクヤ
       
(台北 27日 中央社)AV女優の波多野結衣、台湾の実力派俳優・李康生(リー・カンシェン)、浩角翔起(ハオジャオシャンチー)の2人、紀培慧(ジー・ペイホェイ)、拓也哥(タクヤさん)らが演じる台湾映画「沙西米」(刺身)(潘志遠監督)のクランクイン記者会見が26日行われた。映画初出演となる波多野の演技とその今後に注目が集まっている。

豪華な顔ぶれのこの映画では、日本から来たAV女優を現実そのままに波多野が演じ、そのマネージャー役にタクヤさんが扮して、主人公らとのストーリーが展開する。また、お笑いコンビの浩角翔起は某日本AV男優似だという浩子(ハオヅ)がアダルトビデオ店の店主を、阿翔(アシャン)が常連客を演じる。

見どころは、これまで蔡明亮(ツァイ・ミンリャン)監督と組んできた台湾版アカデミー賞・金馬奨の主演男優賞受賞者、李康生の演技。日本で日本料理の腕を磨き、台湾に戻って店を開くという役どころで、カノジョ役の紀培慧と波多野の2人とはそれぞれラブシーンもあるという。

潘監督は “食色性也”(食欲と性欲は生まれながらの本性)という言葉もあるように、この映画には人間の欲望をテーマとして織り込んでいると語る。紀は27日米公開のSFアクション「トランスフォーマー/ロストエイジ」にもゲスト出演している。

注目されるのはやはり日本人の波多野とタクヤさん。2人とも映画初出演で役をこなすため来台して演技の特訓をしたという。波多野は初めは言葉が通じずとても緊張したが、今は中国語で自己紹介できるようになったと語った。タクヤさんのほうは会見場でも波多野のマネージャーになりきり、記者らの質問に対応、会場の笑いを誘った。

潘監督は、男優らが波多野に初めて会った時にはなぜか顔を赤らめ、子供が何か悪いことをして見つかった時のようだったと明かした。また、波多野が演技に対してとても真面目に取り組んでおり、この映画が彼女自身にとって良い転機となるだろうと語った。

(鄭景ブン/編集:谷口一康)

当時の記事を読む

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年6月27日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。