台風10号による農業被害額 17億円超える/台湾

台風10号による農業被害額 17億円超える/台湾
       
(台北 26日 中央社)23日に台湾を直撃した台風10号による農業被害が5億1014万台湾元(約17億3000万円)に上ることが行政院農業委員会(農委会)の調べで分かった。花蓮県の損害が最も大きく、農作物ではバナナや文旦が大きな被害を受けた。

25日17時現在の各地の被害額と総額に占める割合は、花蓮県3億3389万元(65%)、宜蘭県5073万元(10%)、台東県4053万元(8%)、台中市1884万元(4%)となっている。

被害が最も深刻だったバナナの損失額は1億1592万元に上っており、次いで文旦、スイカ、バンレイシ(釈迦頭)、グアバ、梨、パパイヤ、ニラ、芋、パイナップルなどに被害が出た。

農委会は花蓮県と宜蘭県に低金利融資を実施し、特に被害の大きかった花蓮県には現金による支援も行うとしている。

(楊淑閔/編集:杉野浩司)

当時の記事を読む

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年7月26日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。