東博で大好評の台湾国宝展示、第2弾登場へ 目玉は蘇軾の書

東博で大好評の台湾国宝展示、第2弾登場へ  目玉は蘇軾の書
蘇軾の「寒食帖」=国立故宮博物院提供
(台北 31日 中央社)東京国立博物館で好評開催中の特別展「台北 国立故宮博物院 ―神品至宝―」の展示品入れ替えが8月5日に行われ、書や絵画など6点が9月15日までの期間限定で展示される。特に日本とのゆかりが深い北宋・蘇軾の書「行書黄州寒食詩巻」(寒食帖)に注目が集まりそうだ。

故宮側によると、1920年代に日本人収集家の手に渡った「寒食帖」は、関東大震災の時に焼失を免れ、1937年には京都で展示された。のちに台湾に渡り、1987年に故宮側に購入・収蔵され、現在に至っているという。

展示品変更に先立って特別内覧会が8月4日に開催される予定で、馬英九総統夫人の周美青氏が出席する。また、同1日には展覧会のサポーターを務める歌手の一青窈さんによるイベントのイメージソング、「LINE」の完成記念ミニライブが東博本館前で行われる。

この特別展は今月25日で開催満1カ月を迎え、20万人以上が足を運んだ。このうち、門外不出だった「翠玉白菜」目当ての入場者が多く、2週間の限定公開中に15万人を突破したが、書道に関心の高い日本人も多いことから、新たに公開される書道作品は勝るとも劣らない盛況を見せるのではと期待されている。

(鄭景ブン、楊明珠/編集:荘麗玲)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年7月31日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。