台湾・嘉義の小学校が夏休みの剣道合宿 児童たちが鍛錬に打ち込む

台湾・嘉義の小学校が夏休みの剣道合宿  児童たちが鍛錬に打ち込む
写真提供:香林小学校
(嘉義 2日 中央社)嘉義県阿里山郷の香林小学校は、同校で剣道の指導を行っている蔡朋志氏などの協力のもと、7月28日からの3日間、夏休みの剣道合宿を行った。

同校の校長によると、合宿初日に蔡氏らが行った交流試合を目の当たりにした児童たちは、剣道の持つ力強さや美しさに驚いた様子で、合宿が終わった後も名残惜しそうにしていたという。

また、最終日に防具をつけた正式な対抗戦が行われた際は、児童たちはみな、興奮を抑えきれないといった表情で、試合終了後には来年の合宿での再会を約束しあっていた。

蔡氏は剣道を学ぶのはケンカで強さを競い合うためではなく、伝統文化の中の「相手を尊重する」というスポーツマンシップを体得するためで、子供たちが集中力を身につけたり、物事に挑戦する勇気を持つことにつながると語っている。

(黄国芳/編集:杉野浩司)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る 2014年8月2日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。