仁川アジア大会の選手村が公開 広場には中華民国の国旗も

仁川アジア大会の選手村が公開  広場には中華民国の国旗も
(ソウル 27日 中央社)韓国・仁川アジア大会(9月19日開幕)の選手村が26日、マスコミに公開された。広場に設置された看板には、アジア・オリンピック評議会(OCA)の加盟国・地域の旗などが紹介されており、その中には中華民国(台湾)の国旗、青天白日満地紅旗も含まれている。

選手村は22棟2200戸のマンション型で、最大収容人数は1万5000人。仁川国際空港やメインスタジアムからは車で40分の距離にある。9月12日にオープンする食堂は24時間営業で3500人が同時に食事をすることができる。

大会関係者によれば、選手村への投資額は約17億7000万米ドル(約180億円)。大会終了後は分譲マンションとして利用される計画で、すでに完売しているという。

国際大会での国旗の取り扱いを巡っては、2012年のロンドン五輪開催時、現地の民間団体が世界各国の国旗を掲げたところ、中国大陸からの圧力で中華民国国旗が撤去され、台湾が大会で使用している中華オリンピック委員会旗に掛け替えられるなどのトラブルが起きている。

(姜遠珍/編集:杉野浩司)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る 2014年8月27日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。