台湾の「ソルトコーヒー」 豪紙が“変なコーヒー”に認定

台湾の「ソルトコーヒー」  豪紙が“変なコーヒー”に認定
資料写真
(ロサンゼルス 17日 中央社)・ブリスベンの日刊紙「クーリエ・メイル」による世界の不思議なコーヒー7種類を紹介する特集記事で、台湾のベーカリー・コーヒーチェーン「85度C」が販売する塩味の「ソルトコーヒー」が取り上げられたことが分かった。

同紙は、世界にはアメリカンやカプチーノ、ノンカフェインなどのほかに、試す価値のある“変り種コーヒー”も多くあるとした上で、「ソルトコーヒー」は、コーヒーが持つ自然な甘さを引き立てると紹介した。

このほか、米ロサンゼルスのコーヒーショップで販売されているアイスクリーム・コーンをカップ代わりに使用したコーヒーについては、飲み終わった後に“カップ”を食べれば、エコで食器洗いの手間が省けると絶賛。

ベトナム・ハノイで人気だという「エッグコーヒー」は、「繊細な味はコーヒー味のケーキを食べているようだ」と表現している。

(呉協昌/編集:齊藤啓介)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る 2014年9月17日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら