ビビアン・スー、話題の新作映画で冷淡な弁護士役に初挑戦

ビビアン・スー、話題の新作映画で冷淡な弁護士役に初挑戦
華聯国際提供
(台北 24日 中央社)台湾映画「寒蝉効応(セックスアピール)」が10月24日から公開される。映画の中で冷淡な弁護士役を演じたビビアン・スー(徐若[王宣])が撮影秘話を明かした。

ワン・ウェイミン(王維明)監督が彼女のために作ったという女性弁護士の役を演じたビビアン。ただ、普段は感性豊かな自分自身にとって、冷たい役を表現することは大きな挑戦だったという。

法廷シーンの撮影初日は、緊張で覚えていたはずのセリフが思い出せず、動悸やめまい、胃痛などに見舞われ、声も震えたと振り返る。それでも、2日目には気持ちを切り替え、プレッシャーを克服し、ほとんどNGを出さずに乗り切った。

ビビアンは弁護士を演じるのは最初で最後としつつも、演技において「一皮剥けた」と語っている。

(王靖怡/編集:齊藤啓介)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る 2014年9月24日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。