台北の大学が神戸国際大と姉妹校提携 介護分野の交流促進/台湾

台北の大学が神戸国際大と姉妹校提携  介護分野の交流促進/台湾
(台北 10日 中央社)台北城市科技大応用外語科(台北市)は10日、神戸国際大学(神戸市)と姉妹校提携の調印式を行った。台北城市科技大の学生は今後、神戸国際大に留学し、高齢者介護やリハビリテーションなどの技術を学ぶことが可能になる。

台湾のシニア産業は2025年までに3兆5900億台湾元(約13兆7000億円)規模に拡大すると試算されていることから、台北城市科技大は今回の提携により学生がノウハウを身につけ、就職活動で有利になればとしている。

神戸国際大はリハビリテーション学部を設置しており、近年では高齢者医療関連の研究に力を入れているという。同大関係者は、台北城市科技大との交流でアジアとつながりを持ち、シニア産業に従事する人材をより多く輩出できればと語った。

(許秩維/編集:名切千絵)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る 2014年12月10日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。