台湾初の国産ステルスミサイル艇、海軍に引き渡し

台湾初の国産ステルスミサイル艇、海軍に引き渡し
(宜蘭 23日 中央社)台湾初の国産ステルスミサイル艇「沱江」の海軍への引き渡し式が23日、宜蘭県蘇澳港で行われた。式典に出席した国防部の厳明部長はアジアで最速、火力も最強の艦艇であると語り、同艦の配備に期待を示した。

「沱江」は全長60.4メートル、幅14メートル。最高速度は38ノット(時速約71キロメートル)で、航続距離は2000カイリ(3704キロメートル)。満載排水量約500トン。乗組員は41人。船体はステルス設計となっており、レーダーの電波を拡散したり、弱めることが可能。

また、対艦ミサイルの雄風2型と3型をそれぞれ8基装備。速度とステルス性を利用して迅速に目標に接近、攻撃を行う「キラー」の役割を担うことが期待されており、メディアからは中国大陸の海軍に対する「空母キラー」と呼ばれている。

艦艇名の「沱江」は1958年に起きた金門砲戦などで活躍した同名の軍艦から取られている。

(呂欣ケイ/編集:杉野浩司)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る 2014年12月23日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。