日本統治時代に建設の烏山頭ダムで旧正月・花見イベントが開幕/台湾

日本統治時代に建設の烏山頭ダムで旧正月・花見イベントが開幕/台湾
(台南 14日 中央社)日本統治時代に八田与一技師などによって造られた烏山頭ダム(台南市)で14日、旧正月(今年は2月19日)と桜をテーマにしたイベントが始まった。開幕に合わせて、ダムには財福をつかさどるとされる高さ15メートルの「財神」バルーンなどが登場し、人々の注目を集めた。

期間中には、八田与一記念園区に「除夜の鐘」にならった大きな鐘が設置される。また、2月19日~3月1日の休日には日本の年越しにちなんだ「お年玉」の配布やお餅の提供なども行われ、“日本式”を前面に押し出したイベントとなっている。

また、3月6~29日の期間は桜まつりが開催される予定で、休日には音楽の演奏など行われ、お花見気分をより一層盛り上げる。

(楊思瑞/編集:杉野浩司)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年2月14日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。