台湾青春映画、興行収入約2億円突破 ゲスト出演のアンディ・ラウが祝福

台湾青春映画、興行収入約2億円突破  ゲスト出演のアンディ・ラウが祝福
アンディ・ラウ=華聯国際提供
(台北 18日 中央社)1990年代を舞台に男女の青春を描いた台湾映画「我的少女時代」が13日の公開から5日間で興行収入5000万台湾元(約1億9200万円)を突破した。作品にゲスト出演した香港俳優のアンディ・ラウ(劉徳華)は16日夜、公式ホームページにメッセージをつづり、ヒットを祝福した。

同作は人気ドラマ「ハートに命中!100%」(命中注定我愛[イ尓])や「蘭陵王」などをプロデュースしてきたチェン・ユーシャン(陳玉珊)の初監督作品。若手注目株のビビアン・ソン(宋芸樺)やダレン・ワン(王大陸)らをメインキャストに迎えたほか、俳優のジェリー・イェン(言承旭)やジョー・チェン(陳喬恩)などもゲスト出演している。

配給元の華聯国際によると、初日だけで興行収入約1500万元(約5700万円)を記録したという。公開初週の週末、台北市の各映画館では満席も出るほどの盛況ぶりだった。

アンディは同作が感動的だと好評を得ていることに触れた上で「こんなに素晴らしい映画に参加させてもらえたことに感謝します」とチェン監督ほか全てのスタッフや出演者へのお礼を記した。

アンディのメッセージを見たチェン監督は、興行収入3億元(約11億5000万円)を超えたらアンディが裸で泳ぐ姿を見たいとのファンからのリクエストに触れ「私たちもとても見たいです」とジョーク交じりに語った。

(王靖怡/編集:名切千絵)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る 2015年8月18日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら