台湾・桃園市長が訪日へ 森喜朗元首相らと面会 都市交流強化目指す

台湾・桃園市長が訪日へ  森喜朗元首相らと面会  都市交流強化目指す
電車の運転席に座り桃園メトロ空港線をアピールする鄭文燦市長
(桃園 2日 中央社)桃園市の鄭文燦市長は3日から11日までの日程で日本を訪問する。森喜朗元首相や岸信夫衆議院議員らと面会するほか、東京、千葉、埼玉、横浜、沖縄などを訪れ、都市交流の強化を図る考えだ。

桃園市は市内に台湾桃園国際空港があり、来春には同市内と台北を結ぶ桃園メトロ(MRT)空港線が開通するなど、将来の発展が有望視されている。鄭市長は、成田空港や横浜港、首都圏外郭放水路のほか、物流関連施設などを視察する予定。

また、千葉県に対して来年の旧正月後に桃園で開催される台湾ランタンフェスティバル(灯会)への参加を呼びかける。

このほか、桃園に本拠地を置く台湾プロ野球のラミゴモンキーズと交流のある千葉ロッテマリーンズの本拠地、QVCマリンフィールド(千葉市)を訪問。選手の育成や球場の維持管理に関するノウハウを学ぶとしている。

(邱俊欽/編集:齊藤啓介)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る 2015年9月2日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら