台湾・新北市の娯楽施設火災で12人目の死者 188人が現在も入院中

台湾・新北市の娯楽施設火災で12人目の死者  188人が現在も入院中
(桃園 2日 中央社)北部・新北市の複合レジャー施設で今年6月末に起きた火災で負傷し、桃園市内の病院で治療を受けていた女性が2日午前、死亡した。この火災による死者は12人になった。女性は全身の約72%にやけどを負っていた。

同院によれば、女性は一時は安定に向かっていたものの、敗血症に伴う多臓器不全で病状が悪化した。医療スタッフとの話し合いの結果、家族は8月31日、延命治療中止に同意したという。

衛生福利部(衛生省)の最新の統計によると、188人が入院中。そのうち57人は集中治療室に入っており、33人が危篤の状態。8月12日には別の26歳の女性が死亡している。

(邱俊欽/編集:名切千絵)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る 2015年9月2日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら