日本製の空港線電車、車両基地に搬入へ 開業に向け前進/台湾

日本製の空港線電車、車両基地に搬入へ  開業に向け前進/台湾
桃園メトロ提供
(桃園 2日 中央社)桃園メトロ(MRT)は2日、来春の開業を目指し建設中の空港線で使用される川崎重工業製の新型車両1編成4両が神戸港から台北港に到着したと発表した。今後桃園市内にある青埔車両基地に搬入され、開通に向けた各種試験が行われる予定。

今回台湾に到着したのは各駅停車(普通車)用電車で、9月中旬と10月上旬にもそれぞれ1編成が陸揚げされる見通し。

空港線は台北―環北(桃園市中レキ区)間51キロを結ぶ新線で、台湾桃園国際空港を経由する。停車駅が少ない速達タイプの直達車は台北―空港間を約35分で走行する予定。当初は今年末の開業を目指していたが、工事の遅れなどにより来春への延期が決まっている。(レキ=土へんに歴、木を禾に)

(邱俊欽/編集:齊藤啓介)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る 2015年9月2日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら