<東京国際映画祭>台湾、優良映像作品の対日輸出拡大に期待

<東京国際映画祭>台湾、優良映像作品の対日輸出拡大に期待
椎名保ディレクター・ジェネラル(左)と握手を交わす台北市影音公会の楊継昌理事長
(台北 22日 中央社)アジア最大規模の映画祭、東京国際映画祭(TIFF)が22日に開幕した。「風の中の家族(風中家族)」(ワン・トン監督)など台湾映画3作品が上映されるほか、併設マーケットのTIFFCOMには多くの映像作品が紹介され、対日輸出の拡大に期待が集まっている。

今年は「KANO 1931海の向こうの甲子園」が100館以上の映画館で上映されたほか、「コードネームは孫中山」が大阪アジアン映画祭でグランプリと観客賞を受賞するなど、台湾の作品が日本市場で高い評価を受けている。

TIFFCOMにはテレビドラマや映画、アニメーションなど台湾から60作品以上が出品。関係者は多くの人に多様性を知ってもらい、コンテンツの販売につなげたいと意気込みを語る。

21日には台北駐日経済文化代表処が関係者を招いて交流会を開催。「大家最近看電影[ロ馬](最近映画を見ていますか)」と中国語で挨拶したTIFFの椎名保ディレクター・ジェネラルは、映画を通じて違う国の文化や国民性を理解できるとし、今後も積極的に海外作品の上映に取り組む考えを示した。

(楊明珠/編集:齊藤啓介)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る 2015年10月22日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら