“世界の王”も後押し 日台の高校野球交流プロジェクト始動

“世界の王”も後押し  日台の高校野球交流プロジェクト始動
大韓野球協会提供
(台北 22日 中央社)中華民国野球協会は21日、台湾でも国民的英雄とされている王貞治氏や全日本野球協会、日本高等学校野球連盟の協力の下、3年間にわたる高校野球交流プロジェクトを実施すると発表した。スポンサーは大手自動車メーカー、マツダの現地法人が務める。

球児たちの国際的視野を広げることなどを目的とした同プロジェクト。12月24日~27日に開催予定の交流試合には、台湾版甲子園「黒豹旗」の上位3校や、今春の甲子園を制した敦賀気比を主体とした福井県の選抜チームなどが出場する。

また、日本プロ野球の日本ハムで活躍する陽岱鋼、映画「KANO」のプロデューサーとして知られるウェイ・ダーション(魏徳聖)氏などによる講座を台湾各地で開く。「侍ジャパン」U-12(12歳以下)代表の監督を務めた仁志敏久氏らによるキャンプも行われる。

プロジェクトに合わせて、王貞治氏の書籍が協会を通じてコーチらに配布されるほか、同氏の野球人生を描いた短編映画も制作される。このほか、優秀な選手を日本に「野球留学」させる奨学金制度も設けられる。

(編集:杉野浩司)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る 2015年10月22日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら