十数年前にキセル乗車…男性が台湾鉄道に37万円寄付

十数年前にキセル乗車…男性が台湾鉄道に37万円寄付
拡大する(全1枚)
台湾鉄路管理局提供
(台北 16日 中央社)台湾鉄路管理局の新左営駅(高雄市)で16日午前、40代とみられる男性が窓口に現れ、十数年前にキセル乗車をしていたとして、現金10万台湾元(約37万円)を寄付して立ち去る出来事があった。

台鉄によると、男性は学生だった1996~99年ごろ、長期間にわたって不正乗車をしていたことがあり、心が休まることがなかったとして現金の寄付を決めたという。

台鉄では善意を受け取り、男性に領収書を渡したとしている。

(汪淑芬/編集:齊藤啓介)
編集部おすすめ

当時の記事を読む

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

国際総合ニュースランキング

国際総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク