桜の名所が一般開放休止に 花見客のマナー違反などで/台湾・台中

桜の名所が一般開放休止に  花見客のマナー違反などで/台湾・台中
(台中 30日 中央社)5000株以上のヤエザクラやヒカンザクラなどが咲き誇り、桜の名所として知られる庭園、濁水巷(台中市)が、今後3年間にわたり一般開放を見合わせる見込みとなった。桜の木が傷んでいることなどが理由。

濁水巷はもともと個人の所有地だったが、所有者の好意によって2012年から一般に開放。2014年には「ヤフー台湾(雅虎奇摩)」の花見スポットランキングでも堂々の1位を獲得するなど、メディアを通じて人気となった。

だが、台中市政府観光局によると大勢の花見客によって土が踏み固められたり、心ない人によって枝が折られるなどのトラブルが発生。台風の台湾接近、上陸で多くの木が損傷を受けた。

今後3年間で土壌の改良や枯れた根の除去などを行う予定。多くの専門家が協力を申し出ており、再開放時には絶景をよみがえらせたいとしている。

(趙麗妍/編集:齊藤啓介)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る 2015年12月30日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら