同性パートナー登録、台北など3市が手続きで協力へ/台湾

同性パートナー登録、台北など3市が手続きで協力へ/台湾
資料写真
(台北 13日 中央社)台北市政府民政局は12日、同性カップルの関係を認める同性パートナー登録について、15日から台南市と手続きの面で協力すると発表した。今年1月1日からは高雄市との協力が始まっており、今後は条件を満たす市民ならいずれの市でも登録、証明書発行、取り消しが可能となる。

民政局は、20歳以上の未婚者で、カップルのいずれかの戸籍が台北市、台南市、高雄市にある市民が登録可能だとしている。

台湾では昨年、高雄、台北、台中各市で、今年には台南、新北、嘉義、桃園各市と彰化県でも同性パートナー登録が可能になっている。

(黄麗芸/編集:齊藤啓介)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る 2016年4月13日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら