工事現場から人骨 1500~100年前に死亡か=米国で鑑定へ/台湾

工事現場から人骨  1500~100年前に死亡か=米国で鑑定へ/台湾
人骨とともに見つかった陶器のかけら=花蓮県文化局提供
(花蓮 13日 中央社)花蓮市内の下水道工事現場で今年1月、白骨化した遺体が見つかった。専門家の調べで、遺体は1500~100年前に死亡した可能性が浮上し、米国で「放射性炭素年代測定」にかけられることになった。早ければ約1カ月で年代が特定できる見通し。

花蓮県文化局文化資産科によると、発見当時は警察が身元不明遺体として処理しようとしたが、台湾史前文化博物館(台東県)の林秀マン研究員が遺体のそばに陶器のかけら4つがあるのを発見。その特徴から、静浦文化が栄えた鉄器時代に死亡した台湾原住民(先住民)の墓ではないかと指摘したため、本格的な調査が行われることになったという。(マン=女へんに曼)

静浦文化は鉄器時代に台湾東部で繁栄。鉄器以外に銅や金、メノウなど海外からの装飾品や陶器なども見つかっている。アミ族の伝統文化との関連性も指摘されている。

(李先鳳/編集:齊藤啓介)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る 2016年4月13日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら