蔡総統、リチャード・クー氏と経済・金融政策で意見交換

蔡総統、リチャード・クー氏と経済・金融政策で意見交換
左からリチャード・クー氏、蔡英文総統=総統府提供
(台北 16日 中央社)蔡英文総統は14日、野村総合研究所のリチャード・クー(辜朝明)主席研究員らと会談し、台湾の経済や金融政策などについて意見交換を行った。

蔡総統は、長年にわたって世界経済を研究してきたクー氏の見解は、多くの国の政府が参考にしてきたと指摘。過去に自身の依頼でクー氏が行ったアベノミクスがテーマの講演は、今でも深く印象に残っていると称賛した。

クー氏の父親は台湾独立派として知られる辜寛敏氏で、台湾政財界の重鎮だった故・辜振甫氏は伯父にあたる。

(葉素萍/編集:杉野浩司)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。