王建民、約2カ月ぶりの白星 今季6勝目/米大リーグ

王建民、約2カ月ぶりの白星  今季6勝目/米大リーグ
(台北 20日 中央社)米大リーグ、ロイヤルズの王建民投手は19日、本拠でのツインズ戦で延長10回から7番手として登板し、2イニングを無失点に抑えた。

チームが延長11回、4番・ホスマーの適時打で5-4でサヨナラ勝ちしたことで、6月29日のカージナルス戦以来、約2カ月ぶりの白星を挙げた。

2005年のメジャーデビュー以来、ヤンキースやナショナルズなど8球団を渡り歩く王。今季は、試合終盤での登板が多く、6月以降は不安定な投球が目立つ。だが、打線の援護に恵まれることもあり、成績(6勝0敗)は、同じ台湾出身のチェン・ウェイン投手(マーリンズ、5勝4敗)を上回っている。

チェンは、オリオールズ時代(2012~2015)から先発の一角として活躍してきたが、先月下旬左肘の張りを訴え、故障者リスト(DL)入りした。

(林宏翰/編集:羅友辰)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る 2016年8月20日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。