復旧までに13時間強 台北メトロで開業以来最長の運行支障

復旧までに13時間強  台北メトロで開業以来最長の運行支障
(台北 14日 中央社)台北メトロ(MRT)松山新店線小南門駅で13日午前4時12分頃、保線作業車が脱線する事故があった。同線は始発から小南門―中山間で複線での運行ができなくなり、発生から13時間以上経った午後5時39分に復旧するまでおよそ1万5000人の足が乱れた。

同社によると、開業以来、本線上で作業車が脱線するのは初めて。これほど長時間にわたって運行に支障が出たのも初だとしている。狭小なトンネル内で復旧作業が難航したという。

脱線の原因については、54トンある作業車の車軸に何らかの異常が生じたものとみられている。

事故を受けて同線は小南門―中山間で単線運転を実施。臨時代行バスが運行されるなどした。

(顧セン/編集:齊藤啓介)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年9月14日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。