李登輝元総統が退院/台湾

李登輝元総統が退院/台湾
拡大する(全1枚)
(台北 25日 中央社)台北栄民総医院は25日、24日夜から検査入院していた李登輝元総統(93)が、午後3時に退院したと発表した。

李氏の事務所関係者によると、李氏は24日午後から体調不良を訴えていたが、夜に行われた晩餐会に出席。その後めまいを起こし、大事を取り検査入院していた。

健康管理センターの陳雲亮主任は、李氏の容態について「安定している」と強調。ただ、高齢のため、負担になるようなことは控え、血圧が低くならないよう注意してほしいと言付けたとしている。

(張茗喧/編集:齊藤啓介)

当時の記事を読む

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年9月25日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。