台湾の飲食業、「年中無休」が6割

台湾の飲食業、「年中無休」が6割
(台北 31日 中央社)台湾の飲食業者の59%が年中無休で営業していることが31日、経済部の最新の調査報告で分かった。中でも大企業(従業員100人以上)はその割合が74.7%と高く、中小企業(同99人以下)の51.4%を大きく上回った。

経済部は卸売、小売、飲食業の運営や投資状況、経営形態の変化を把握するため、毎年5月に実態調査を実施。今年は3300社を調査し、3253件の回答を得た。そのうち飲食業は268件で、内訳は大企業87社、中小企業181社。

年中無休の割合は従業員数が増えるほど高くなっており、5人未満では33.3%だったのに対し、200人以上では79.3%に上った。一方、週休1日の割合は中小企業は12.2%で、大企業の1.2%を11ポイント上回った。

台湾はレストランや屋台、飲料店が林立しており、飲食業界では激しい競争が繰り広げられている。

(黄巧ブン/編集:名切千絵)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年10月31日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。