シャーマニズムがテーマのシンポジウム 台湾・中央研究院

シャーマニズムがテーマのシンポジウム  台湾・中央研究院
中央研究所提供
(台北 2日 中央社)台湾の最高学術研究機構「中央研究院」の民族学研究所は2日、シャーマニズムをテーマにした国際学術シンポジウムを開いた。開幕式には台湾原住民(先住民)アミ族の祈祷師が招かれ、学者や専門家らなどが見守る中、厳かな儀式が執り行われた。

同研究所によると、シャーマニズムは決して古臭いものや意義のないものではなく、不確定なことや命の無常さに困惑した時、「民俗芸術」の形で人々に安心を与える行為。祈祷師は人と霊界をつなぐシャーマニズムの担い手だとされ、台湾の現代社会でも重要視されているいう。

シンポジウムでは台湾原住民のほか中国大陸の少数民族やマレーシアの華僑社会に関して言及があり、活発な討論が行われた。

(陳至中/編集:齊藤啓介)

当時の記事を読む

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年11月2日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。