日本に学べ 台湾・雲林が水上メガソーラー建設へ 千葉の山倉ダム参考に

日本に学べ  台湾・雲林が水上メガソーラー建設へ  千葉の山倉ダム参考に
山倉ダムで建設が進むソーラー発電の設備
(雲林 10日 中央社)雲林県政府は6日、日本の例を参考に、県内の遊水地に水上設置型のソーラー発電所を建設する計画を明らかにした。

同県が参考にしたのは、日本の山倉ダム(千葉県市原市)で建設中の「千葉・山倉水上メガソーラー発電所」。9月に李進勇県長が視察に訪れ、採用に前向きな姿勢を示していた。建設予定地は北港の多目的遊水地で、設置面積は約11ヘクタール。年間の予測発電量は約3000世帯相当の約1万メガワット時。

県はソーラー発電所の設置は政府の方針に合致するものだと強調。脱原発を目指す民進党政権は、2025年までに電力供給に占める再生可能エネルギーの割合を20%にまで引き上げる目標を掲げている。

(葉子鋼/編集:杉野浩司)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「日本に学べ 台湾・雲林が水上メガソーラー建設へ 千葉の山倉ダム参考に」の みんなの反応 1
  • 鳥頭 通報

    湖面にビッシリとパネル並べたら水中に光が届かなくなってしまわないの? 生態系に影響ないのだろうか? 誰かえらい人教えて

    0
この記事にコメントする

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年12月10日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。