元埋立処分場に桜を植樹 台北市「名所になれば」/台湾

元埋立処分場に桜を植樹  台北市「名所になれば」/台湾
台北市政府工務局提供
(台北 19日 中央社)台北市南港区の南側に位置する山水緑生態公園で13日、桜の苗木約20本が試験的に植えられた。同市政府工務局の担当者は、陽明山に行かなくても桜が楽しめる名所になればと期待を示している。

同地はかつて、ゴミの埋立処分場だった。市と地元住民らの取り組みにより現在は広さ約21ヘクタールの公園に整備されている。町内会長によると、市民から多くの草花を植えてほしいとの要望が寄せられ、今回の桜の植樹につながったという。

(游凱翔/編集:齊藤啓介)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る 2016年12月19日の国際総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。