<バス横転>死者33人に 過去30年で最悪の惨事

<バス横転>死者33人に  過去30年で最悪の惨事
(台北 14日 中央社)高速道路上で乗客乗員44人が乗った観光バスが横転した事故で、14日午前、台北市内の病院に搬送され、治療を受けていた男性が死亡した。死者は33人になり、負傷者は11人となった。観光バス関連の事故としては過去30年で最悪の惨事となっている。

▽生存者「身構える余裕なかった」

現場は国道3号と国道5号の両高速道路が接続する南港ジャンクション。事故を起こしたバスは、蝶恋花旅行社(台北市)が主催した日帰りの桜鑑賞ツアーに参加し、台中市内から台北に戻る途中だった。

バスの後続車に搭載されたドライブレコーダーの映像には、バスがほとんど減速しないまま左カーブに突入し、車体右側をコンクリート壁にぶつけた後、道路脇に転落する様子が映っていた。交通部(交通省)台湾区国道高速公路局によると、現場周辺の制限速度は時速40キロになっているという。

生存者が家族に語った証言によると、事故直前の車内は静かで、突然横転し、身構える余裕はなかったという。バスの天井ははがれ、周辺には外れた座席や部品が散乱していた。

▽業界団体「ツアー内容に問題なし」

蝶恋花旅行社は1999年創業。日帰りや1泊2日の国内旅行を専門に扱っていた。事故後に関係者らが開いた記者会見で、旅行代理店の業界団体、中華民国旅行公会全聯会の広報担当者は、事故を起こしたツアーは午前9時に台北を出発し、途中運転手は3時間の休憩を取ったと説明。ツアー内容や費用について、問題はないとする認識を示した。同社の関係者は「申し訳ありませんでした」とだけ謝罪し、会場を後にした。

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年2月14日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。