航空機観賞の穴場、消滅へ 台北松山空港の一部拡張で/台湾

航空機観賞の穴場、消滅へ  台北松山空港の一部拡張で/台湾
Googleストリートビューより
(台北 5日 中央社)交通部(交通省)民用航空局が、台北松山空港の一部拡張を決めた。滑走路周辺の安全性向上のためで、敷地が約2ヘクタール広がる。ただ、離着陸する航空機を間近に見られるとして航空ファンから人気が高い路地も敷地内になる見通しで、すでに一部から落胆の声が上がっている。

民航局によると、同空港の滑走路は、末端部分の安全区域が国際民間航空機関(ICAO)の定める安全基準を満たしていないという。台湾(中華民国)は加盟国ではないが、航空の安全に関してはICAOの基準に合わせているとしている。

拡張部分の土地は今年中にも取得が完了する見通し。来年には構造物が撤去され、外壁が設置される予定で、航空機観賞の穴場だった路地への進入もできなくなる。

(汪淑芬/編集:齊藤啓介)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る 2017年3月5日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら