桃園映画祭、ドキュメンタリーを主軸に 特色づくりと人材育成目指す/台湾

桃園映画祭、ドキュメンタリーを主軸に  特色づくりと人材育成目指す/台湾
鄭文燦・桃園市長
(桃園 23日 中央社)桃園市政府文化局は5月12日から同25日まで、市内で「桃園映画祭」(桃園電影節)を開催する。今回の主軸はドキュメンタリー映画。22日の市政会議で鄭文燦市長は、山形市で隔年開催されている「山形国際ドキュメンタリー映画祭」を例に挙げ、桃園映画祭も開催を重ねることで徐々に特色を生み出していき、同時にドキュメンタリーの鑑賞者と製作に関する人材を育成していければと期待を示した。

桃園映画祭は2013年にスタート。4回目となる今年は、中華民国籍もしくは中華民国の居留証(ARC)を持つ監督製作のドキュメンタリー映画を対象としたコンペティション部門「台湾奨」が新設され、一次審査を通過した15作品を上映する。また、最終審査には国内外の専門家のほか、地元の市民団体の代表者からなる15人の市民審査員団も参加。市民審査員団は「桃園市民賞」を選出する。

桃園市は台湾一の工業都市で、内政部の統計によれば、同市の平均年齢は2016年末現在で38.3歳と直轄市の6都市中最も若い。鄭市長は、若者が多く、映画鑑賞者数も成長を続けていることに触れ、映画館の新設や上映施設の整備などを進めていく計画を説明した。

(卞金峰/編集:名切千絵)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る 2017年3月23日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら