昨年の違法薬物摘発量2984キロ 今後は密輸の取り締まり強化へ/台湾

昨年の違法薬物摘発量2984キロ  今後は密輸の取り締まり強化へ/台湾
資料写真
(台北 3日 中央社)財政部関務署(財務省関税局に相当)は3日までに、昨年の違法薬物摘発件数は417件に上り、年間で24.48%増加したと発表した。押収量は2984キロに達し、前年と比べ36.62%減少となったが、ヘロインなど、その中毒性や危険性などから一級薬物に指定されている薬物の押収量が前年比2倍を超えた。同署は今後、密輸の取り締まりをより強化する方針を発表している。

密輸たばこの摘発件数は1140件、前年より16.8%増加。密輸酒の摘発件数は156件、前年より47.17%増加した。同署によると、台湾では早ければ今年6月にたばこ税増税に関する法案が施行される。この影響により、密輸たばこが今後増加するとみて、取り締まり強化をしていく方針。

同署は、薬物などの密輸情勢の変化に対処するため、探知犬の導入や放射線検査機の設置、捜査員の訓練などに積極的に取り組み、探知の精度や摘発効率を上げていくとしている。

(邱柏勝/編集:楊千慧)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年4月3日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。