日本から和牛約12キロの密輸図る 台湾人の男

日本から和牛約12キロの密輸図る  台湾人の男
関務署台北関提供
(桃園空港 15日 中央社)桃園空港で14日夜、台湾人の男が日本から和牛生肉11.7キロを無申告で密輸入しようとしているのを財政部関務署(財務省関税局に相当)台北関の職員が発見した。男には過料が科される。

台湾では2001年の日本での牛海綿状脳症(BSE)発生以降、日本からの牛肉の輸入が禁止されている。だが日本産和牛に対する人気は高く、不正に台湾内に持ち込もうとする例が複数件確認されているという。

(卞金峰、魯鋼俊/編集:名切千絵)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る 2017年4月15日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら