国連欧州本部 台湾メディアのWHO総会取材を拒否

国連欧州本部  台湾メディアのWHO総会取材を拒否
資料写真
(ブリュッセル 13日 中央社)スイスにある国際連合ジュネーブ事務局(国連欧州本部)が12日、台湾の通信社「中央通訊社」による世界保健機関(WHO)総会取材を拒否した。

今年のWHO総会は今月22日から開幕する。台湾は2009年から「中華台北」名義でオブザーバーとして参加してきたが、今年は招待状が登録手続き締め切りの8日になっても届かず、台湾は出席が困難になった。中国大陸が「一つの中国」原則を認めない蔡英文政権に対して圧力をかけたとみられている。

ベルギー・ブリュッセル駐在の中央社記者によると、国連ジュネーブ事務局に対して大会取材の申請を行ったところ、申込サイトの国・地域選択欄に台湾が設けられていないことが確認された。その後、パスポートの提出を求められたが、現地時間12日に取材を拒否する電子メールが届いたという。国連側では、理由は明らかにしていない。

国際社会での台湾の立場は厳しい。昨年カナダで行われた国際民間航空機関(ICAO)の総会も、招待状が届かず出席できなかった。当時、ICAOも台湾メディアの取材を拒否した。

(唐佩君/編集:塚越西穂)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る 2017年5月13日の国際総合記事
「国連欧州本部 台湾メディアのWHO総会取材を拒否」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    もう台湾と名乗ればいいのに。

    3
  • 匿名さん 通報

    何が国連だよ。常任理事国など、けだものの集まりだよ。

    3
  • 匿名さん 通報

    いまの国連常任理事国は国連創設当時の国では無い。中華民国→中華人民共和国、ソビエト連邦→ロシア はもはや違う国だから常任理事国にはふさわしくない。

    2
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。