台湾の飛行検査機、日本の防空識別圏を通過 自衛隊機が発進

台湾の飛行検査機、日本の防空識別圏を通過  自衛隊機が発進
民用航空局の林国顕局長
(台北 18日 中央社)交通部民用航空局の飛行検査機が11日午後に台北飛行情報区と日本の防空識別圏の重複空域を飛行中、状況確認のため自衛隊機が発進し接近していたことが18日、分かった。同局が明らかにした。同局によれば、事前に日本側に連絡し、飛行範囲を伝えていたという。今後は意思疎通をより強化するとした。

林国顕局長によれば、台北飛行情報区の東端は東経124度、日本の防空識別圏の西端は東経123度。飛行検査機は東経123~124度の間を飛行し、任務を終えて帰路に就く途中、日本側に日本の領空に近づかないよう勧告されたという。

(汪淑芬/編集:名切千絵)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る 2017年10月18日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら