台湾の熟年世代、一番の関心事は「生活自立」

台湾の熟年世代、一番の関心事は「生活自立」
(台北 28日 中央社)50歳からの生活面でのニーズを探る意識調査の結果が26日に公表された。これによると、台湾の熟年世代が最も気にかけているのは「自立した生活能力」(34.6%)であることが分かった。続いて「健康的な食生活」(30.8%)、「医療の効率性」(27.8%)などが挙がっている。

調査は財団法人「智栄基金会」が8月17日~今月18日にインターネットを通じて行ったもので、7万9441人から回答を得た。回答者の47%(3万2051人)は50歳以上で、このうち男性は29.9%、女性は70.1%。

不安を感じる要素はそれぞれ、「自立した生活能力」ではガスの閉め忘れや電球のつけ替えなど高所での作業、「健康的な食生活」では農薬残留など食の安全問題や一人での調理、「医療の効率性」では病院での待ち時間や診断の煩わしさなど。

このほか、男性は健康の知識が不足気味だとして「健康リスクの予知・予防」を特に気にかけるのに対し、女性は「自立した生活能力」と「習い事」への関心が高いという、男女別のニーズの相違も見られた。

(呉家/編集:塚越西穂)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る 2017年10月28日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら