日本の書籍が6冊ランクイン=誠品書店の年間ベストセラー/台湾

日本の書籍が6冊ランクイン=誠品書店の年間ベストセラー/台湾
資料写真
(台北 8日 中央社)書店大手、誠品書店が6日に発表した2017年の年間ベストセラートップ10に、日本書籍の翻訳書が6冊ランクインした。

ランクインした日本書籍は▽七月隆文著「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」(4位)▽川口俊和著「コーヒーが冷めないうちに」(5位)▽新海誠著「君の名は。」(6位)▽齊藤勇監修「マンガ 思いのままに人をあやつる心理学」(7位)▽井上和幸著「ずるいマネジメント 頑張らなくても、すごい成果がついてくる!」(9位)▽東野圭吾著「人魚の眠る家」(10位)。

1位は身近な人からの心理的脅迫を解説した「情緒勒索:那些在伴侶・親子・職場間、最譲人窒息的相処」だった。3位には著者である林奕含さんが今年4月に自殺を遂げ、さまざまな議論を巻き起こした「房思キ的初恋楽園」がランクイン。作品には塾の先生にみだらな行為をさせられていた女子中学生が描かれており、林さん自身の体験を基に書かれたとされる。(キ=王へんに其)

(羅苑韶/編集:楊千慧)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る 2017年12月8日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。