寒波の影響続く台湾 嘉義で4.7度 平野部の最低気温を再び更新

寒波の影響続く台湾  嘉義で4.7度  平野部の最低気温を再び更新
資料写真
(台北 13日 中央社)この冬一番の寒波に見舞われた台湾では13日午前6時ごろ、南部・嘉義で4.7度を観測、平野部の今季最低気温を更新した。

寒気が弱まり始めるのに伴い、日中の予想最高気温は北部で17~18度、中部や南部、東部では19~22度となる見込み。

14日にはさらに気温が上昇し、全国的に20度を上回る暖かな一日になると予想される。中央気象局は、西部では放射冷却の影響で早朝の気温が10度を下回る所があるとして、寒暖差への注意を喚起している。

(陳葦庭/編集:塚越西穂)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る 2018年1月13日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら