米金融当局、台湾の兆豊銀支店に再び罰金処分 資金洗浄防止関連規定に違反

米金融当局、台湾の兆豊銀支店に再び罰金処分  資金洗浄防止関連規定に違反
罰金処分について説明を行う兆豊銀の幹部ら
(ワシントン 18日 中央社)兆豊国際商業銀行のニューヨーク、シカゴ、シリコンバレー3支店がマネーロンダリング(資金洗浄)防止に関する規定に違反したとして米連邦準備制度理事会(FRB)から罰金2900万米ドル(約32億2200万円)を科された。FRBが現地時間17日、書面で公表した。同行ニューヨーク支店は2016年8月にもニューヨーク州金融サービス局(DFS)からマネーロンダリング対策の不備などで1億8000万ドル(約200億1600万円)の罰金処分を受けている。

同行は18日、書面を公表し、2016年にFRBが統括する連邦準備銀行やイリノイ州の金融当局が同行の支店を対象に行った金融検査で、リスク管理やマネーロンダリング防止体制が監督機関の基準を満たしていないと指摘されたと説明した。

同行は、今回の金融検査は2016年6~12月に実施されたものであり、前回指摘された問題と同じ案件に対する罰金だと弁明。前回の罰金処分以降、新たに起きた問題ではなく、同行がマネーロンダリングに関わったことによる処分でもないと強調した。

同行は各項目での改善に努めており、すでに10億台湾元(約37億5900万円)の資金を投入したと説明。董事会(取締役会)の組織改編、マネーロンダリングや法令順守作業の見直しなどに取り組んでおり、DFSに改善計画を提出したとしている。

同行のロサンゼルス支店も米当局による検査を受けたが、審査に通過している。

(鄭崇生、田裕斌/編集:楊千慧)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る 2018年1月18日の国際総合記事
「米金融当局、台湾の兆豊銀支店に再び罰金処分 資金洗浄防止関連規定に違反」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    なに、台湾を国家と認めず制裁。アメリカもおかしいんじゃねぇ。

    2
  • 匿名さん 通報

    他国企業にいちゃもんつけてカツアゲしてる暇があったら、おまえらのところの個人情報あさりや税金スルーのくそ企業をどうにかしとけよ、本当にアメリカのクズっぷりにはうんざりするわ

    2
  • 匿名さん 通報

    中国系または中国が台湾を利用してる。北朝鮮制裁に引っかかった者も台湾籍だけど大陸系だろうね。台湾には台湾人と中国人2つの国がある。

    2
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら