日本統治時代から残る製糖工場、景観整備で当時の姿を再現/台湾

日本統治時代から残る製糖工場、景観整備で当時の姿を再現/台湾
25日の着工式の様子=彰化県政府提供
(彰化 27日 中央社)日本統治時代にまで歴史をさかのぼる渓湖製糖工場(彰化県)で25日、糖業鉄道の関連施設など部分的な景観工事が開始された。往年の名残をとどめる扇形の転車台や給油施設、防空壕などが修復されるほか、展示コーナーや花壇、店舗なども整備される。

同製糖工場の前身は1919(大正8)年に開業した大和製糖会社。戦後、台湾製糖の工場として操業が続けられたが、事業は2002年に停止。その後、蒸気機関車などが展示され、かつてサトウキビの運搬で活躍したトロッコ列車にも乗れる観光施設として再出発した。現在は、地元の観光産業をけん引する「糖業鉄道文化パーク」として施設の充実を図る再生計画が進められている。

今回の工事はその計画の一環で、トロッコ列車が発着する「渓湖五分駅」周辺の一部区間が整備の対象となる。県の歴史的建造物に指定されている同駅は、1921(大正10)年に完成した木造建築。2016年に修復されており、景観工事が完了すれば、歴史的な味わいがより濃くなることが期待される。竣工は7月の予定。

(呉哲/編集:塚越西穂)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る 2018年1月27日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら