台湾製糖の巡回車復活、日台鉄道ファンの交流深まる

台湾製糖の巡回車復活、日台鉄道ファンの交流深まる
杉本誠司さんが陳朝強さんに贈った模型=陳朝強さん提供
       
(台北 30日 中央社)台湾の鉄道ファンの聖地とされる彰化県社頭郷の飲食店の入口に、店主の陳朝強さんが自費で2年余りをかけて修復した台湾製糖の巡回車135号機が置かれている。店主の情熱に感動した日本人男性は今月中旬、同店を訪問。車両の模型をプレゼントし、陳さんを喜ばせた。

135号機は、台湾製糖渓湖工場の最後の巡回車。1969年6月製造の三菱製で、同7月に運転を開始した。長さ465センチ、幅188センチ、高さ232センチ、重さ3トンで、最大約600キロの荷物を運搬できる。高官や幹部が視察、巡視する際に使われた。

陳さんによると、この車両との出会いは2年前。資源リサイクル会社の社長に列車の購入を持ちかけられた。実際に見に行ったところ、車体はボロボロだったものの、手に入れたいと感じ、4万台湾元(約15万円)で購入。その後、資料を調べてみると、高官用に使われていた車両だと分かったという。

陳さんは車両の修復を専門家に依頼。762日間、約50万元(約186万円)を費やし、昨年の夏に試運転に成功。フェイスブックを通じて、日台の鉄道ファンにこの知らせを伝えた。

135号機の模型を贈ったのは、新潟県で美軌模型店を営む杉本誠司さん。6年前に陳さんの福井食堂を訪れた際、営業時間の合間に名所を案内してもらうなど温かいもてなしを受け、その後はフェイスブックで陳さんと交流を深めていた。今回久々に訪れることになり、当時のもてなしのお礼として模型を製作したという。

当時の記事を読む

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年1月30日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。