寒波襲来の台湾、各地で強い冷え込み 玉山、合歓山などでは降雪

寒波襲来の台湾、各地で強い冷え込み  玉山、合歓山などでは降雪
       
(台北 3日 中央社)寒波が到来した3日の台湾。早朝の気温は台南以北と宜蘭で9~11度、南部・東部でも13~15度にとどまった。平地の最低気温は、午前8時10分ごろに北部・桃園市新屋で観測された8.8度。中部・南投県と東部・花蓮県の県境にある合歓山(標高3417メートル)では、同日未明から降り始めた雪が最大で12センチ積もった。合歓山国家森林遊楽区の入り口には、一面の雪景色を見ようと暗いうちから午前7時の開園を待つ雪見客の車300~400台が列を作った。

このほか、標高3845メートルの玉山北峰にある玉山観測所(南投県)では3日午前6時ごろまでに約0.6センチの積雪を観測。積雪量は前日までに積もった分と合わせて、約8.6センチになった。標高1950メートルの太平山(宜蘭県)でも同日午前3時ごろ、約0.5センチの積雪を観測した。

中央気象局によると、各地の気温は日中になっても上がらず、予想最高気温は北部・北東部で10~12度、中部で13~14度、南部・東部で15~17度と、全体的に昨日より約5~6度低め。さらに寒さが強まる今夜は、北部の標高1000メートル以上の山でも降雪の可能性があるという。

寒波の影響は7日未明ごろまで続くとみられており、特に北部では5日ごろまで、一日中10度を下回る雨がちの寒い天気が続くと予想される。

(王朝鈺、蕭博陽、汪淑芬/編集:塚越西穂)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年2月3日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。