「移行期正義」専門委員会のトップに黄煌雄氏 行政院/台湾

「移行期正義」専門委員会のトップに黄煌雄氏  行政院/台湾
拡大する(全1枚)
黄煌雄氏
(台北 31日 中央社)行政院(内閣)は31日、過去の権威主義的な統治の下で行われた人権侵害やその結果の真相究明などを目指して設置される「移行期正義促進委員会」(促進転型正義委員会)の一部人事を発表した。トップの主任委員(閣僚級)に黄煌雄・元監察委員、副主任委員には張天欽・大陸委員会副主任委員が選出された。

移行期の正義を積極的に推進する蔡英文政権。昨年12月には「移行期の正義促進条例」を立法院(国会)で成立させた。同委員会は同条例の所管機関として行政院の下に独立して設置され、政治資料の公開や権威主義体制の象徴の排除、過去の司法の是正、国民党が取得した不当資産の処理などを進める。

今回発表されたのは、委員全9人のうち6人。残る3人は追って発表される。委員は頼清徳行政院長(首相)に指名された後、立法院の同意を経て任命される。

主任委員に指名された黄氏は1944年生まれ、東部・宜蘭出身。民進党の国民大会代表、立法委員(国会議員)、監察委員などを歴任した。

(侯姿瑩/編集:名切千絵)

当時の記事を読む

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年3月31日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。