桃園メトロ空港線の延伸区間 2022年に1駅が先行開業/台湾

桃園メトロ空港線の延伸区間  2022年に1駅が先行開業/台湾
延伸区間の路線図=桃園メトロ提供
(桃園空港 13日 中央社)昨年3月に正式開業した桃園メトロ(MRT)空港線の延伸工事が進んでおり、設置が予定されている地下駅2駅のうち、老街渓駅(A22)が2022年に先行開業する見通しとなった。終点の中レキ駅(A23)も年内に着工予定。桃園市政府捷運工程局が12日に発表した。(レキ=土へんに歴、木を禾に)

同局によると、延伸区間は老街渓~中レキの全長約2.06キロで、全区間地下を走る。2013年末に着工し、現在の進捗率は約50%。現在の終着駅である環北(A21)~老街渓間のトンネルは昨年3月に貫通しており、線路の敷設作業などが始まっている。

延伸区間の全線開通予定は2026年。

(邱俊欽/編集:塚越西穂)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る 2018年4月13日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。