東部・台東大武で37.4度 今年の台湾最高気温

東部・台東大武で37.4度  今年の台湾最高気温
フェーン現象で今年の台湾最高気温となる37.4度を観測した台東県・大武(資料写真)
(台北 7日 中央社)中央気象局によると、東部・台東県大武で7日午前11時過ぎ、台湾全土での今年最高気温となる37.4度を観測した。暖かく乾いた風が山を超えて吹き下ろす際に気温が上がる「フェーン現象」の影響だという。

この日は暖かい空気が流れ込んだ影響で、台湾全土で気温が上昇。北部・台北市や新竹市、新北市、南部・台南市では最高気温が34度を超えた。

夜には前線の影響により、ほぼ全土で一時的に雨や雷雨となる見込み。

(汪淑芬/編集:名切千絵)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る 2018年5月7日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。