台湾、はしかの流行終息 衛生省が宣言

台湾、はしかの流行終息  衛生省が宣言
日台でのはしか感染状況を説明する衛生福利部疾病管制署の関係者
(台北 16日 中央社)衛生福利部(衛生省)疾病管制署は15日、はしか感染者と接触した人たちの要健康観察期間が終了し、台湾内における流行が終息したと宣言した。一方、日本では流行が続いているとし、訪日する予定がある場合には日本の感染状況に注意を払うよう呼び掛けた。

同署の統計によれば、今年台湾で確認された感染者は24人。うち17人は台湾内で、7人は海外で感染した。感染者と接触した人は8456人で、うち台湾内で接触したのは7563人だった。

同署の羅一鈞副署長は、夏季休暇に日本を訪れる人が増えると予想されることを踏まえ、日本でのはしかの流行は気温の上昇に伴い収まるとの見通しを説明。ワクチンは6月中旬に台湾の医療機関に届く予定だとし、訪日する予定がある人は日本の感染状況に応じて接種を検討するよう呼び掛けた。

(陳偉テイ/編集:楊千慧)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る 2018年5月16日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。