パラシュート開かず、軍隊員1人重体 中国大陸の台湾侵攻想定訓練の予行

パラシュート開かず、軍隊員1人重体  中国大陸の台湾侵攻想定訓練の予行
パラシュート部隊による降下訓練の様子=資料写真
(台北 17日 中央社)17日午前6時ごろ、中部・台中清泉崗基地でパラシュート降下訓練中、パラシュートが正常に開かず、操作をしていた陸軍隊員が地面に墜落した。隊員は病院に搬送されたが、重度の昏睡状態だという。来月4日から行われる中国大陸の台湾侵攻を想定した「漢光34号演習」の予行演習の最中だった。軍は事故の原因について調査中だとしている。

陸軍航空特戦指揮部政戦主任の武立文少将によれば、隊員は輸送機C130で上空1300フィート(約400メートル)地点に到達した後、パラシュートで降下する訓練をしていた。メインパラシュートが正常に開かず、予備のパラシュートによる減速も不十分だったため地表に激突した。隊員は訓練経験を十分に積んでいたという。

(蘇木春/編集:楊千慧)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る 2018年5月17日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。